記事の詳細

日本の着物に当たるものが、韓国ではチマチョゴリと言います。

トップスとボトムに分かれていて、
トップスのことをチョゴリ、ボトムのふんわりスカートのことを
チマと言います。

私は、韓国時代劇(歴史ドラマ)が大好き!
だから、一度はチマチョゴリを着てみたかったのです。

そこで、チマチョゴリを着ることができるお店を探しました。
場所は、明洞や仁寺洞にお店が多いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

韓国歴史ドラマに出てくるヒロインをイメージしてパシャリ

こちらは、明洞の「チマチョゴリ村」で撮影しました。
かなりおすすめです。日本語も対応です。
というか、お店の人は日本人だと思います(笑)

チマチョゴリ村の場所

チマチョゴリ村は、明洞駅のそばにあります。
細い雑居ビルの4階なので、ちょっと分かりにくいかもしれません。

でもメイン通り沿いにあるので、近くになったらゆっくりと歩いて
探しましょう。

分からなかったら、ここぞと思うビルの4階まで行ってみましょう。
そこが、チマチョゴリ村かも知れません。

チマチョゴリ村のチマチョゴリは400着以上

ここの魅力は、チマチョゴリが400着以上あるということ。
自分で一番好きなチマチョゴリを選ぶことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この場所で、カメラマンが撮影してくれます

チマ(スカート)とチョゴリ(トップス)は、別々に選ぶことが
できるので、その組み合わせは無限大!

ハンガーに掛けられてズラーッとならんだチマチョゴリには
なんだが感動しました。

私は、黄色のトップスと濃いピンクのスカートにしました。

チマチョゴリ村の撮影までの流れ

チマチョゴリを着る

まずは、チマチョゴリを選んで、着ます。
試着室に、チマチョゴリを持ち込みます。
そのときに下着を渡されます。

自分が着ていた洋服を脱いで、渡された下着を着ます。
下着は、チマチョゴリが一体になったような、ワンピース式のもの。
それを頭からかぶって、その上にチマ、チョゴリと着ます。

ドラマに出て来るチマは本当にスカート式で、胸の当たりで紐で
縛りますが、ここのものは、ワンピース式で頭からかぶります。

その上にチョゴリを着ます。
私の場合は、唐衣という丈の長いものです。
唐衣は、朝鮮王朝時代は、身分の高い人しかきれなかったものです。
正確に言うと、チョゴリというトップスの上に唐衣を着ていたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

唐衣の下に手を入れるのが礼儀とされていました。

宮廷ドラマの尚宮や王族は唐衣を着ていますね。

化粧をしてもらう

次に、別室に行って化粧をしてもらいます。
化粧は、お部屋に担当のヘアメイクさんがいて、やってもらいます。

まずは、ヘアアクセサリーを選びます。
帽子と髪飾り。

帽子が一般的と言われましたが、私は歴史ドラマ(韓国時代劇)で
よく見る、髪飾りにしました。
こちらの髪飾りは未婚の女性が使うものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カメラマンが去った後は、自分のカメラで撮影ゴッコができます。かわいい髪飾り

髪飾りを選んで、ヘアをやってもらい、そして化粧。
と言っても、本当に今の化粧に少し付け足しをする程度でした。

撮影をしてもらう

化粧が終わったら、部屋に通されて、撮影をします。
椅子に座った状態でポーズを撮り、撮影。

40枚くらいは撮ってくれます。
うちの場合は、旦那さんも韓服に着替えたので、途中からは旦那さんも
参加して2人で撮影してもらいました)^o^(

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは、二人の写真を携帯カメラで撮影してもらいました。

撮影が終わったらカメラマンはいなくなります。
このチマチョゴリ村の良い所は、その後はお部屋を自由に使って
自分たちのカメラで撮影ができるところです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

好きなだけ、撮影

次のお客さんが入らなかったので、私たちは長居をして撮影をしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別室にて撮影。お部屋の様子が変わると、また印象も変わります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小道具もそろっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

別の小道具で撮影

写真を郵送してもらう

自分たちで撮影が終わったら、声を掛けて、チマチョゴリを脱ぎます。
そして、別室に行き、カメラで撮影してもらった内容を確認。

日本の自宅の住所を書いて、プリントしてもらった写真を後日送付して
もらいます。

1週間ほどで写真が届きました。
それがこちら。
chogoli10

chogoli11

チマチョゴリ村の残念なところ

チマチョゴリ村での撮影は全体的には満足です。
ただ、写真もメイクも普通の人に毛が生えた程度の人がやっているので、
この写真撮影に芸術性を求めては、NGです。

変身写真を期待してお願いするには、撮影の腕がないと思います。
旅の思い出で楽しく撮影する分には、おすすめです。

メニュー

家族コース30万W、メイク+衣装1着(8×7インチ)1枚7万W、衣装2着2枚
8万W、カップルコース17万W

チマチョゴリ村のまとめ

こちらチマチョゴリ村は予約制ですが、予約なしでも大丈夫でした。
明洞の駅近の場所で、立地条件もとてもよい場所にあります。

たくさんのチマチョゴリから自分の気に入る1着も選びたい人におすすめ
です。

撮影してもらった写真が後日、郵送で届くので旅の思い出がよみがえり、
2度オイシイ。

日本語対応なので、撮影時、またはもし後日郵送物に不備があったときにも
電話で日本語対応してくれるので安心。

所要時間は1時間から2時間程度。

住所
中区忠武路2街12-14 4階

電話
02-756-5277

営業時間
9時~20時

無休

カード使用不可
地下鉄4号線明洞駅9番出口から徒歩2分
※予約制

JYJのジェジュンのお姉さんがオーナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る