記事の詳細

景福宮(キョンボックン)の光化門前に広がる広場。
世宗(セジョン)大路という広い道路の真ん中に広がる広場です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門

朝鮮王朝の開祖・李成桂は王が済むための景福宮(キョンボックン)を創設します。
正門である光化門の前に大通りを敷きました。

道の両側に漢城府、司憲府、議政府などの官庁と6つの行政機関(六曹)が並んで
いたことから、六曹通りと名付けられました。
日本統治時代には、光化門通りと呼ばれましたが、解放後の1946年より現在の
世宗路に改称されました。

2009年8月には、世宗路にあった16車線のうち中央6車線分の敷地を使った光化門広場が
完成しました。
ソウルの新たな観光スポットとなりました。

同年10月に世宗(セジョン)大王像が一般公開されました。
その翌月には、ドラマ『IRIS(アイリス)』のアクションシーンが撮影されたことでも
話題になりました。

2010年8月からは復元工事を終えた光化門が公開されています。

このあたりは、政府の建物も多く、日本で言ったら霞が関のような
ところです。
日本大使館も近いです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場01/立派は世宗(セジョン)の像

 

ここは市民の憩いの場になっているようで、地元の人が多く、それぞれが
楽しんでいるように見えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場02/水の出る場所があったりして楽しめます。

 

光化門広場には、光化門近くに大きな世宗(セジョン)の像があります。
世宗(セジョン)は、朝鮮王朝の中でも最も大きな業績を残したといわれる4代王です。
3代王・太宗の三男で、王位継承権の低かった彼が、名君と言われる存在になるまでの
奮闘記は、ドラマ『大王世宗(テワンセジョン)』を見るといいですよー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場03

地下には、世宗(セジョン)時代の発明品やハングルの歴史などを紹介する「世宗(セジョン)
物語」、李舜臣の日記や亀甲船の模型などが公開された「忠武公物語」、そして伝説の
動物ヘチにまつわる「ヘチ広場」と3つの展示空間があります。

無料ですが、どのスペースも見ごたえたっぷりで、22時まで入場できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場04/世宗(セジョン)時代の日時計

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場05/世宗(セジョン)時代の天体図

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場06/この天体図は動きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場07

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場08

 

少し行くと李舜臣将軍像もあります。

李舜臣将軍は、李氏朝鮮中期に活躍した漢城(現、ソウル)出身の水軍の将です。
文禄・慶長の乱で、豊臣秀吉率いる日本軍を相手に活躍した救国の名将軍として、
韓国では国民的英雄なのです。
その功績をたたえて、像が作られています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場09

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場10

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光化門広場11/李舜臣将軍像から光化門、景福宮(キョンボックン)を望む

■展示館「世宗(セジョン)物語」「忠武公物語」
■住所 ソウル特別市鍾路区世宗路81-3
■電話 02‐339‐1114~6
■休館 月曜日
■料金 無料
■交通
地下鉄5号線・光化門駅2番出口直結地下鉄3号線・景福宮(キョンボックン)6番出口から
世宗路方面へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る