記事の詳細

今や観光地として、不動の人気を誇るNソウルタワー。
デートスポットとして、地元の人々からも愛されているNソウルタワー。
展望台や、愛の南京錠などはもうおなじみですが、このNソウルタワーの一角に、
の一角に、可愛いテディベアたちの博物館があります。

日本では、あまり知られていませんが、Nソウルタワー内のNプラザ地下1階、
展望台への上りエレベーターの隣に、「テディベア・ミュージアム Nソウルタワー」
があります。
「テディベア・ミュージアム Nソウルタワー」について
テディベア・ミュージアムは韓国国内5ヶ所で展開されていますが、ソウル市内
ではこちらのみ~。
韓国の首都ソウルならではのコンセプトで、朝鮮王朝の首都漢陽(ハニャン)
から現在のソウルへの成り立ちを可愛いテディベアたちが主人公となって再現しています。
韓国歴史ドラマのあの場面が再現されていますよ。
ドラマ「宮廷の女官 チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」を見た人は多いはず。
たくさんのテディベアに囲まれて、異国で癒しの時間を過ごしてみましょう。
1館 PAST ソウル歴史館
朝鮮の誕生、朝鮮王朝の発展から、現在の首都ソウルにいたるまでの経緯を、「ソウル歴史館」
というコンセプトで展開しています。
韓国の歴史ドラマが好きな方には、あの名場面がたんさんちりばめられていて心ときめく
時間になること、間違いなしです。
104スラッカン
2館 PRESENT ソウル特別館
チケットの半券のバーコードを改札口に当てると入館できます。
ここでは、ソウル市内の有名観光スポットで楽しむテディベアに会うことができます。
明洞、東大門、三清洞、弘大など。
時間がなくて、行けなかったあのスポットが忠実に再現されています。
また、実際に行ったことのあるスポットと見比べながら、観察すると、なお楽しいです。
このテディベア・ミュージアムは2008年末にできました。
敷地面積300坪、千匹あまりのテディベアがさまざまな表情で
歴史的事件を再現しています。

 
住所 ソウル特別市龍山区龍山洞2街山1-3
電話 02-3789-8488
営業時間 10時~22時(入場締め切り21時)
定休日 年中無休
ホームページ http://teddybearmuseum.com
入場料
大人
8,000ウォン(テディベアミュージアム)
14,000ウォン(テディベアミュージアム+展望台)
中高生・高齢者
6,000ウォン(テディベアミュージアム)
10,000ウォン(テディベアミュージアム+展望台)
子ども
5,000ウォン(テディベアミュージアム)
7,000ウォン(テディベアミュージアム+展望台)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る