記事の詳細

PC290193

PC290194

 

テディベア(Teddy bear)とは、クマのぬいぐるみのこと。
クマのぬいぐるみ全般を言い、どこかの会社の商標ではありません。

 

その名前は、第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトに
由来すると言われています。
 
 

1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出掛けました。
しかし、獲物をしとめることができませんでした。
 

そこで同行していたハンターが年老いた雌熊(一説には傷を負った子熊)
のアメリカグマを追いつめて最後の一発を大統領に頼みましたが、
ルーズベルト大統領は「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」
として撃たなかったと言われています。
 

このことが同行していたワシントンポスト紙の新聞記者のクリフォード・
ベリーマンによって挿絵入りでに掲載されました。この挿絵のクマは、
「ベリーマンベア」と呼ばれています。
 
 

このエピソードにちなんでロシア移民モリス・ミットムがアイデアル社
(Ideal Novelty & Toy)を興し、アメリカ国内初のテディベアメーカー
といわれています。
 
 

一方、同じ頃ドイツのマルガレーテ・シュタイフの興したシュタイフ社
(Steiff firm)によって、元々はルーズベルトの逸話と無関係に1902年に
作られた熊の縫いぐるみが大量にアメリカに輸入されています。
 
その発注が1903年3月のライプチヒのトイフェアへの出典に端を発するなど
公的記録が残されている事から、世界初のテディベアメーカーとしては
シュタイフ社とする説もあります。
 

日本では、こちらのシュタイフ社のテディベアのほうが有名かもしれません。
 
 

いずれにしても、テディベアという呼称は新聞記事が最初であり独占的な
商標でないそうです。
だから、あなたが熊のぬいぐるみをつくれば、それはテディベアなのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る